なぜ金持ち父さんなのか?

バケツ運びをしながらパイプラインは作れるのか?

こんにちは、richdadtokyo.comのページへようこそ!

私は本橋といいます。都内で働く30代(男性)です。ここでは私が『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで感じた事や、金持ち父さんを目指して行って来た様々な事や、行動してきて学べた事などをブログで紹介していきます。

そして大事な点は、

私は今でも会社員をしながら、金持ち父さんを目指して行動している事です。つまり、日々バケツ運びをしながらコツコツとパイプラインを作っています。

 

もしあなたが『金持ち父さん貧乏父さん』の本を読み、不労所得やクワドラントについて調べたい!お金について学んでみたい!と考えている人なら役立つ内容になってます。

 

あなたはパイプラインを作るのに時間と労力を投資できますか?

あなたはパイプラインを作るための準備ができていますか?

あなたはなぜパイプラインを作りたいのですか?

 

筆者のロバート・キヨサキさんはパイプラインを作るのに最低でも3〜5年はかかる!と述べています。私の感覚だと、10年はかかると思います。

しかし、10年かかったとしても、

パイプラインを引けたらどうでしょうか?

バケツ運びをやめたらあなたは何をしますか?

あなたは誰と時間を過ごしますか?

あなたはなぜ金持ち父さんになりたいのですか?

きっとここが1番重要なポイントでしょう。

本の中でも書いてますが、僕らのお父さん世代は貧乏父さんの働きただけでもそこそこ幸せな人生を送れました。しかし時代が変わり、国や会社はあなたを守れなくなりました。そう、貧乏父さんのままでいることはリスクが高くなったのです。

あなたは人生の舵を他人に委ねますか?

それとも自らの手で舵を取りますか?

 

是非一緒に豊かになる為の考え方を学んでいきましょう!

あなたはどこの"クワドラント"を目指しますか?